【ローマ時事】バイデン米大統領は29日、カトリックの総本山バチカンで、フランシスコ・ローマ教皇と会談した。ホワイトハウスによると、1対1の会談を約90分行い、その後拡大会合も行われた。バイデン氏は、教皇の気候変動への取り組みでの指導力や、ワクチン供給や経済回復を通じた新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)終結の訴えを称賛した。
 バイデン氏は故ケネディ大統領以来、2人目となるカトリック系の米国大統領。教会に通う熱心なカトリック信徒として知られる。 (C)時事通信社