30日に埼玉スタジアムで行われたサッカーJリーグのルヴァンカップ決勝、名古屋―C大阪戦は、新型コロナウイルスワクチン接種済みや検査陰性を証明する「ワクチン・検査パッケージ」が活用され、上限1万人の通常観客に加え、1万席が用意されて開催された。大規模スポーツイベントなどの入場制限の緩和を見据えた政府の技術実証の一環で、追加枠で8756人が来場。計1万7933人を動員した。
 Jリーグは今月、公式戦7試合で技術実証を実施。ルヴァン杯決勝では、ワクチン接種が進んだことによる観客らの予防意識の低下が懸念されるため、カメラを用いてマスク着用率などを計測する調査も行われた。
 視察に訪れた村井満チェアマンは「ステップバイステップでここまで来た。常に半歩早くJリーグが検証を重ねていければ」と述べた。 (C)時事通信社