政府は1日、東京都など27都道府県で続けていたイベントの参加人数の上限を「最大1万人」とする措置を解除した。これにより、イベント開催人数の上限は全国で、「5000人」または「収容定員50%以内」のいずれか多い方が適用されることになる。ただ、感染状況によっては、自治体が独自に規制を強化する可能性もある。
 政府は11月上旬にも取りまとめる新型コロナ対策の全体像で、ワクチン接種済みや陰性証明を用いたさらなるイベント制限緩和などの在り方を示す方針だ。
 スポーツやコンサートなどの大型イベントをめぐっては、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置を9月末で解除した27都道府県に対し、参加人数を「最大1万人」とする1カ月間の経過措置を設けていた。 (C)時事通信社