【ワシントン時事】サキ米大統領報道官は31日、自身が同日に受けた新型コロナウイルスの感染検査で陽性だったと発表した。バイデン大統領は20カ国・地域首脳会議(G20サミット)と国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)出席のため欧州を訪問しているが、サキ氏は27日に家族の陽性が判明したことから、同行を見送っていた。
 サキ氏がバイデン氏と最後に接触したのは26日で互いにマスクを着けていた。ワクチンを接種済みで「症状は少なく、自宅で仕事を続けている」という。27~30日に受けた検査では陰性だったと説明。職場復帰は10日間隔離後の検査を踏まえて判断する。 (C)時事通信社