塩野義製薬=2022年3月期連結業績予想のうち、売上高を1.4%上方修正した。営業利益と純利益の見通しは、新型コロナウイルスの治療薬やワクチンの研究開発に積極的な投資を継続することなどから据え置いた。 
 21年4~9月期の連結決算は減収、純利益増。売上高は前年同期比2.3%減で、営業利益はコロナへの投資が響いて同26.8%減。一方、純利益は海外企業との共同事業体(JV)設立に絡む課税処分について国への勝訴に伴い還付金を受領したため、同1.5%増となった。(C)時事通信社