東京商工リサーチが1日明らかにしたところによると、居酒屋などを経営するアンドモワ(東京都港区)が10月29日までに事業を停止した。近く東京地裁に破産を申請する予定だという。負債総額は約100億円。新型コロナウイルス関連の破綻で、飲食業としては最大という。
 アンドモワは2006年4月設立。個室居酒屋を中心に一時、全国で300店以上を展開し、売上高は19年8月期で約180億円。しかし、コロナ禍で店舗の休業を余儀なくされ、賃金未払いなどの資金難も表面化していた。 (C)時事通信社