JR東日本、東海、西日本、九州の2021年9月中間連結決算が2日出そろい、純損益は4社ともに赤字だった。22年3月期もJR九州を除く3社が2年連続で赤字に陥る見通し。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の延長などで旅客需要の回復が滞り、苦しい経営環境が続く。
 JR九州は2日、22年3月期の純利益予想を従来の129億円から34億円に引き下げた。残る3社の純損益予想はJR東が1600億円の赤字、JR東海が300億円の赤字、JR西が最大1165億円の赤字と厳しい数字が並んだ。 (C)時事通信社