【ニューヨーク時事】米疾病対策センター(CDC)は2日、ファイザー製新型コロナウイルスワクチンの5~11歳への接種を推奨すると発表した。3日にも始まる見通しで、家庭や学校での感染予防に効果を発揮することが期待される。
 バイデン大統領は2日、「コロナとの闘いにおける転換点に来た」と強調。全米各地に5~11歳向けのワクチンが順次到着しており、来週完全に体制が整うと説明した。医薬品の認可当局である食品医薬品局(FDA)も、既に緊急使用許可を出している。 (C)時事通信社