【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は3日、インドの製薬会社バーラト・バイオテックが開発した新型コロナウイルスワクチン「コバクシン」の緊急使用を承認した。WHOは米国とドイツ、英国、中国で開発されたワクチンを承認済み。アジアでは2カ国目となる。
 WHOによると、コバクシンの有効性は78%。WHOは、18歳以上に対し、1度目と2度目の間隔を4週間空けて接種することを推奨した。
 米ファイザーや米モデルナが開発し、長期保存に超低温が求められるワクチンと違い、コバクシンは保管が容易な不活化ワクチン。WHOは、低温保存設備の確保が難しい「低・中所得国に適している」と評価した。
 コバクシンはすでにインドで承認されている。WHOが緊急使用を認めたことでワクチン共同調達の国際枠組み「COVAX」(コバックス)を通じた途上国などへの配布が可能になる。 (C)時事通信社