日本医師会の中川俊男会長は4日の定例記者会見で、政府が新型コロナウイルス感染拡大防止の一環で強化していた水際対策をめぐり、ビジネス関係者の入国後の待機期間を短縮する方針であることに対し、慎重な対応を求めた。
 中川氏は「幸い感染者が激減しても全国の皆さんは感染対策を緩めていない。(国民が)緊張感を継続して対策を続けているのだから、それに水を差すことがないようにしてほしい」と述べ、対策を一気に緩和すべきではないとの考えを示した。 (C)時事通信社