医療器具メーカーのニプロと繊維大手の東洋紡は5日、秋田県大館市にあるニプロ工場内に、CTA(セルローストリアセテート)中空糸膜製の人工腎臓(ダイアライザー)の一貫生産工場を新設すると発表した。投資額はニプロが約170億円(工場103億円、設備67億円)、東洋紡が約50億円。2024年7月の稼働を目指す。 (C)時事通信社