【ビジネスワイヤ】韓国の発光ダイオード(LED)メーカーのソウル半導体は、同社の自然光スペクトルLED技術「サンライク」を使用した臨床試験の結果を発表した。サンライクは、自然の太陽光スペクトル曲線を高度に再現した光半導体技術。この臨床試験は、ハーバード・メディカルスクール付属のブリガム・アンド・ウィメンズ病院が、大学生の成人を対象に実施した。昼光に近いスペクトルの短波長の強化された光を日中に照射すると、従来型LEDのスペクトルの照明を使った場合と比較して、ワーキングメモリー、認知処理速度、手続き学習、テストの正確さが向上した。(C)時事通信社