中外製薬は11月5日、カシリビマブ/イムデビマブ(商品名ロナプリーブ)について、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発症抑制薬として適応追加の承認を取得したと発表した。同薬はCOVID-19の発症を抑制する初の抗体製剤として、患者との濃厚接触者や無症状の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陽性者に使用できるようになる。また、皮下投与での使用も可能となる。

ワクチン接種ができない人の選択肢に

 適応追加により、ワクチン非接種またはワクチンによる効果が不十分なCOVID-19患者との濃厚接触者または無症状のSARS-CoV-2陽性者(原則として重症化危険因子を有する)に対し、カシリビマブ/イムデビマブの静脈内投与および皮下投与での治療が可能となる。また、既に承認されているCOVID-19の治療においても、静脈内投与ができずやむをえない場合に皮下投与が可能となる。

 今回の承認は海外の第Ⅲ相試験REGN-COV 2069、第Ⅱ相試験REGN-COV 20145、および、日本人における安全性と忍容性、薬物動態の評価を目的とした国内第Ⅰ相試験JV43180の成績に基づく。

 COVID-19の予防の基本はワクチンだが、人によっては基礎疾患や使用している薬剤の影響などで、ワクチンが使用できない場合や十分な効果が期待できない場合がある。カシリビマブ/イムデビマブは、そのような人が濃厚接触者や無症状の陽性者となった場合に重要な選択肢となりうる。また、皮下投与による投与法の追加は、静脈内投与が困難な軽症〜中等症患者の新たな治療法となることに加え、在宅治療などにおける負担軽減も期待される。

(慶野 永)