政府は8日、「新しい資本主義実現会議」(議長・岸田文雄首相)を開き、緊急提言をまとめた。首相の看板政策である「成長と分配の好循環」の具体化に向け、賃上げを行う企業への税制優遇拡充や、看護・介護などの現場で働く人たちの待遇改善を明記。地方でのデジタル技術普及や先端技術の研究開発支援など、新型コロナウイルス感染収束後をにらんだ成長戦略も示した。
 提言は、成長の果実を分配して国民の所得を増やし、消費拡大や次の成長につなげる道筋を描いている。政府は19日の決定を目指す大型経済対策に提言を反映させ、2021年度補正予算案や22年度予算案、税制改正案に具体的な措置を盛り込む考えだ。首相は会議の席上、「真っ先に取り組む課題について今回の経済対策で実行に移す」と強調した。 (C)時事通信社