政府は8日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い強化していたビジネス関係者、留学生、技能実習生らに対する入国制限を条件付きで緩和した。ビジネス関係者の場合、待機期間が10日間から3日間に短縮される。日本人帰国者についても同様の対応となる。今後は観光目的の受け入れも視野に調整を進める。
 経済界からビジネス往来活性化の要請が出ていたことを踏まえた措置。短期滞在の場合、ワクチン接種済みで入国3日目に陰性が確認されれば、各企業が各省庁に提出する活動計画書の範囲内で行動が可能となる。留学生や技能実習生に関しても、企業や大学が行動管理を徹底することを条件に入国を認める。ワクチン未接種なら14日間、接種済みなら10日間の待機を求める。 (C)時事通信社