医薬基盤・健康・栄養研究所(大阪府茨木市)は8日、弱毒化させたエイズウイルス(HIV)に免疫補助剤を組み込んで作ったワクチンをサルに接種した結果、強毒性のHIVに感染させてもウイルスが体内から排出されたと発表した。
 接種により、ウイルスに感染した細胞を破壊する「細胞性免疫」が誘導されたためといい、ヒトへの治療にも応用が期待できるという。研究成果は国際学術誌に掲載された。 (C)時事通信社