政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は8日、感染状況を示す新たな指標をまとめた。新規感染者数などで細かく基準を設けた従来の4段階の「ステージ」から、病床の逼迫(ひっぱく)状況を重視し5段階の「レベル」に見直した。ワクチン接種の進展などを踏まえ、医療提供体制の状況をにらみながら、社会経済活動の再開を目指す。
 分科会の尾身茂会長が記者会見し、新指標を公表した。尾身氏は「医療逼迫が生じない水準に感染を抑え、社会・経済活動を回復するのが目標だ」と説明。ワクチン接種や治療薬の実用化に伴う重症患者の減少に加え「新規感染者と医療逼迫の関係は都道府県で異なる」と指摘。感染者数などで一律の基準は設けず、医療提供体制に応じて都道府県がより主体的に状況を判断すべきだとの考えを強調した。 (C)時事通信社