男子ゴルフの石川遼(30)が9日、米国から帰国後の自主隔離期間中に一般客も利用するゴルフ場で調整していたとの報道を受け、日本ゴルフツアー機構(JGTO)と選手会の副会長を辞任する意向を示した。マネジメント会社を通じて発表した。
 9日発売の写真週刊誌「FLASH」は、石川が米下部ツアーの2次予選会から帰国直後の10月27日、千葉県内のゴルフ場で練習やラウンドをしていたと報じた。
 石川は談話を発表。帰国時の検疫で隔離先に登録したゴルフ場で健康チェックを毎日受け、14日間の隔離を行っていたが、「一部至らない点があったことをおわび申し上げます」と謝罪した。
 JGTOの新型コロナウイルス感染症対策特別トーナメント規定に一部抵触するとの指摘を受け、11日に開幕する三井住友VISA太平洋マスターズ(静岡)の出場は辞退する。今後の試合についてはJGTOの判断に委ね、その結果を受け入れるという。 (C)時事通信社
〔写真説明〕