日産自動車は9日、2022年3月期連結業績予想のうち、売上高を8兆8000億円(従来予想9兆7500億円)へ1兆円近く下方修正した。半導体不足などで生産・販売が下振れる見通しとなったため。販売台数見通しは380万台と7月時点から60万台引き下げた。
 日産はこれまで、半導体不足などによる影響を通期で25万台と見込んでいたが、減産規模が膨らむ。足元でも、10月と11月の国内外の生産台数は従来計画より3割ほど減少するとみられる。
 アシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)はオンラインでの決算発表会で「半導体の供給不足の影響は想定を上回った」と指摘。その上で、今後の見通しについて「11月には回復の兆しが見えてくるが、下半期も不安定な状況が続く」と語った。
 一方、純利益は1800億円と従来予想(600億円)の3倍に引き上げた。21年3月期の連結純損益は4486億円の赤字だったため、大きく好転する。為替で円安の追い風があったほか、新車投入効果や車両の需給逼迫(ひっぱく)で販売奨励金の削減が進む。利益面では、採算が改善して販売台数の減少をカバーする形だ。 (C)時事通信社