政府は、新型コロナウイルスの感染再拡大に備え、無症状者のPCR検査と抗原検査を無料で実施する方針を固めた。12日に取りまとめる対策の「全体像」に盛り込む。これまで「目詰まり」も指摘されてきた検査体制を拡充し、早期の感染収束につなげるのが狙い。政府関係者が9日、明らかにした。
 感染の有無を調べるPCR検査は、発熱などの症状や濃厚接触者の場合、医師や保健所が必要と認めれば無料で行われている。一方、今年以降の全国的な感染再拡大では、一部の自治体などが症状のない人を無料で検査したが、限定的な動きにとどまっている。 (C)時事通信社