全日本スキー連盟は9日、緊急事態宣言下で飲酒と接客を伴う飲食店を利用し、その様子をSNSで発信したとして強化指定選手の資格を剥奪していたフリースタイル・モーグルの4選手について、処分を解除したと発表した。理由は「十分に更生し、再発の可能性がないと判断した」ためとしている。 
 処分を決めた9月27日以降、担当理事やコーチが中心となって4選手に更生プログラムを実施。今月8日付で強化指定選手の資格を復活させた。(C)時事通信社