厚生労働省は9日、高齢者施設での入居者と家族らの面会をめぐり、双方が新型コロナウイルスのワクチン接種を済ませたか検査で陰性と確認された場合、対面での実施を検討するよう事業者に促す方針を決めた。ワクチン接種率が高まるとともに、施設でのクラスター(感染者集団)も減少傾向にある中、高齢者の心身の機能を維持する狙いがある。 (C)時事通信社