米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬品企業ビオンテックは10日、新型コロナウイルスワクチンの接種対象年齢について、5~11歳の小児への拡大を厚生労働省に申請したと発表した。同年齢への接種については、米国で緊急使用許可が出ている。
 ファイザーのワクチンは、日本では現在12歳以上が対象。同社によると、5~11歳を対象にした海外の臨床試験(治験)では、成人の3分の1の投与量で、同等の9割程度と高い予防効果が確認された。
 一方、副反応の程度も成人と同等で、安全上の重大な問題はなかったという。子どもは新型コロナにかかっても軽症で済む傾向にあるが、周囲の人に感染させる恐れがあるため、米国ではワクチン接種を推奨している。 (C)時事通信社