アサヒグループホールディングス=2021年12月期連結業績予想(国際会計基準)について、売上収益や事業利益などを下方修正した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う飲食店での酒類提供制限を受け、業務用ビールが大きく落ち込んだことなどを反映させた。 
 コロナ禍で人が集まりづらい状況が続き、家庭用ビールが想定を下回ったほか、天候不順で炭酸飲料が伸び悩んだことも響いた。
 1~9月期は増収増益。20年6月に買収したオーストラリアのビール最大手が堅調なことなどが寄与した。(C)時事通信社