【ワシントン時事】ブリンケン米国務長官は10日、新型コロナウイルス対策を話し合う外相級会合をオンライン形式で開催した。新型コロナのパンデミック(世界的大流行)終結や、将来の感染症対策に向けて、米国が国際協力を主導する狙いがある。
 ブリンケン氏は冒頭、「世界でのワクチンの公平な分配促進の必要性に焦点を当てたい」と強調。各国にワクチン生産拡大の取り組みを強化するよう訴えた。また、国際的な健康安全保障体制への持続可能な資金供給の方法を見いだす必要があると語った。 (C)時事通信社