【ワシントン時事】ブリンケン米国務長官は10日、米国の仲介で、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)と新型コロナウイルスワクチンの国際的な調達枠組み「COVAX(コバックス)」が、紛争地に同社製ワクチンを提供することで合意したと発表した。新型コロナ対策を話し合うオンライン形式の外相級会合の冒頭で語った。
 会合には約40の国や地域、機関などが参加。先進国に偏るワクチン供給の公平な分配促進などを議論した。
 ブリンケン氏は「国際健康安全保障を定期的に議論する最初の機会になることを望む」と述べ、外相級会合の定例化を目指す意向を表明した。国務省高官によると、バイデン政権は、9月に続き2回目となる新型コロナ対策をめぐる首脳会議を来年前半に開く方針で、その前に外相級会合をもう一度行うという。 (C)時事通信社