【ビジネスワイヤ】スイスのバイオ製薬企業Rhizen・Pharmaceuticalsは、進行性固形がんの治療薬候補「RP12146」を検討する第I/Ib相試験で投薬を開始したと発表した。RP12146は新規のポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害剤で、より大規模なDNA損傷反応プラットフォームの一部。承認済みPARP阻害剤と同等の前臨床活性を持ち、前臨床試験での安全性が改善されている。欧州で実施する試験では、まず安全性や最大耐用量などを確認し、続いてHRR変異に富むがん患者を含む拡大コホートで抗腫瘍効果を評価する。(C)時事通信社