スズキ=2022年3月期通期連結業績予想で、売上高を3兆2000億円(従来予想3兆4000億円)に下方修正。半導体不足や東南アジアのコロナ禍に伴う部品調達難を受け、生産台数が押し下げられる見通しとなったため。営業利益と純利益は従来予想を据え置いた。 
 四輪車の通期の生産台数見通しは、257万9000台となり、従来から約30万台引き下げた。期初計画からは合わせて65万台ほど減少したことになる。足元でも部品不足の影響は根強く、鈴木俊宏社長はオンラインでの決算発表会で「解消の時期について具体的にコメントできる状況ではない」と語った。
 一方、為替相場が円安に振れていることや原価低減を進めたことで減産分を補えるとして、利益見通しは維持した。
 21年9月中間は増収増益。前年のコロナ禍で販売が減少した反動が出た格好だ。(C)時事通信社