日本航空は11日、冬のボーナスに当たる一時金を0.15カ月分とする方針を労働組合に示した。2012年の再上場以来、最低の水準となる。新型コロナウイルスの感染拡大で旅客が減少し、厳しい経営環境が続いているため。賞与とは別に、一律で10万円の特別手当を支給する。 (C)時事通信社