京都大iPS細胞研究所などの研究チームは11日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から免疫細胞のナチュラルキラー(NK)細胞を作製し、卵巣がん患者に投与する臨床試験(治験)を始めたと発表した。9月に1例目の移植を実施し、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)で治験を続けているという。
 チームは、健康な人の血液から作ったiPS細胞に、「キメラ抗原受容体(CAR)」の遺伝子を入れて、がん細胞を攻撃するNK細胞に分化させた。治験は、2024年3月末までの間、患者6~18人を対象に1週間に1回、最大4回投与することを予定している。
 同研究所の金子新教授は「(世界中の人に)NK細胞を出発として、いろんな種類の免疫細胞を届けられる第一歩として意義がある」と述べた。
 iPS細胞由来の免疫細胞をめぐっては、千葉大と理化学研究所のチームが昨年、頭頸部(とうけいぶ)がんの患者に投与する治験を行っている。 (C)時事通信社