政府・与党は、2021年度補正予算案を審議する臨時国会について、来月6日を軸に召集する方向で調整に入った。与党幹部が12日、明らかにした。会期は2週間程度を検討。新型コロナウイルス禍を踏まえた「10万円相当の給付」など経済対策の裏付けとなる補正予算案の成立を目指す。 (C)時事通信社