岸田文雄首相は12日の政府税制調査会(首相の諮問機関)の総会で、「成長と分配の好循環」の実現に向け、あるべき税制の姿を審議するよう諮問した。首相は「コロナ禍で浮き彫りになったさまざまな課題への対応の在り方を含め、幅広い政策分野に目を配ってほしい」と要請。持続的な経済成長と財政健全化の両立も求めた。
 政府税調の中里実会長は総会後の記者会見で「税制上問題があるなら、解決していく姿勢が非常に重要だ」と述べ、時代に合った制度の検討に意欲を示した。政府税調は今後、中長期的な税制の在り方を示す答申の策定に向けた議論を進める。 (C)時事通信社