【ニューヨーク時事】米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は12日、「医薬品」「医療機器」事業が主力の本体から、ばんそうこうの「バンドエイド」などを手掛ける「消費者向け製品」事業を切り離す計画を発表した。分割後は、上場2社体制とする。経営の効率化を進め、成長加速につなげるのが狙い。分社化の手続きは1年半から2年で完了する見通しだ。 (C)時事通信社