【ビジネスワイヤ】臨床ゲノムインフォマティクス大手の米PierianDxは、4750万ドルの成長資金の調達を完了したと発表した。この資金調達は、医療投資会社の米オービメッドが主導し、既存の投資会社も参加した。PierianDxは、分散型NGS(次世代シーケンシング)検査を実現するという構想を持っている。世界各地でゲノミクス技術を導入する医療組織が増加していることから、同社は調達資金によって商業的拡大を推進していく。(C)時事通信社