オーストリアのシャレンベルク首相は14日、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了していない人を対象に、15日から外出制限を実施することを発表した。ワクチン普及後、未接種者への行動規制は欧州連合(EU)加盟国で初となる。
 対象者は12歳以上の接種を終えていない人と、コロナ感染からの回復を証明できない人。生活必需品の購入や通勤などの目的以外での外出は制限される。シャレンベルク氏は「状況は深刻。軽い気持ちで(制限に)踏み込んでいるわけではなく、残念ながら必要だ」と述べた。
 オーストリアで接種を完了したのは65%で、EU加盟国全体の接種率の67%を下回る。13日には1日当たりの新規感染者数が過去最多を更新した。 (C)時事通信社