プロ野球とJリーグによる合同の「新型コロナウイルス対策連絡会議」が15日、オンラインで実施された。今月下旬にも政府の行動制限緩和策として、感染防止計画を策定した場合に入場制限が撤廃される見通しを受け、Jリーグの村井満チェアマンは「方針の発表を受けて、最終節の扱いは検討していくことになる」と、入場制限なく開催する可能性を示した。J1の最終節は12月4日、J2とJ3は同5日に行われる。プロ野球は今月中に全試合が終わる。 
 来年はプロ野球、Jリーグとも開幕から満員の観客動員を目指す。ただ、欧州などで感染が再拡大しており、専門家チームの賀来満夫座長(東北医科薬科大特任教授)は「まずはワクチンを打っている方。(条件なしの)フルオープンというのは、諸外国のデータを見てみても、まだ少し早いのではないか」と慎重に話した。(C)時事通信社