兵庫県姫路市の円教寺で、和太鼓による特別奉納公演「紡 TSUMUGU 2021」が行われた。寺は西国三十三霊場の第二十七番札所で、西の比叡山とも称される天台宗の名刹(めいさつ)。巡礼者がささげる祈りを紡ぎ、コロナ禍に負けない未来への勇気と希望を人々に届けようと奉納公演が企画された。
 国の重要文化財に指定されている常行堂と大講堂を会場に、プロ和太鼓集団「鼓童」の元メンバーで世界的に活躍する和太鼓奏者の陽介氏らが演奏。僧侶たちが唱える仏教声楽曲の天台声明(てんだいしょうみょう)に合わせて響き渡る太鼓の音は、祈りの場に厳かな雰囲気を醸し出した。 (C)時事通信社