厚生労働省は16日、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の専門委員会で、児童福祉法改正に向けた骨子案を示した。虐待を受けた子どもを親と引き離す一時保護の開始をめぐり、児童相談所の判断が適切かどうかを司法機関である裁判所が審査する新制度を導入。また、虐待に対応する自治体職員らの資質向上へ、新たな資格を創設する。年内に取りまとめ、来年の通常国会への法案提出を目指す。 (C)時事通信社