【ビジネスワイヤ】バイオ製薬企業の仏エンヨ・ファーマは、同社の治療薬候補「Vonafexor」に関する2件の試験データを米国肝臓学会(11月12~15日)で発表した。Vonafexorは、ファルネソイドX受容体(FXR)作動薬としての経口薬。1件目の口頭発表では、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)患者の肝機能と腎機能に及ぼした好影響について報告。2件目のポスター発表では、慢性B型肝炎(HBV)患者でVonafexorとPeg-IFNの併用療法を最適化するためのモデル化研究について取り上げた。(C)時事通信社