5~11歳向けの新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省は17日までに、「早ければ来年2月ごろから接種する可能性がある」として、接種を担う自治体に準備を進めるよう求めた。
 米製薬大手ファイザーが10日、コロナワクチンの対象年齢を11歳以下へ拡大するよう厚労省へ申請。薬事承認には至っていないが、承認された場合、2022年2月ごろにも接種が始まる可能性があるという。 (C)時事通信社