松野博一官房長官は18日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症の水際対策の一環として抑制している入国者数について、これまで1日当たり3500人程度としてきた上限を26日から5000人程度に引き上げることを明らかにした。外国人のビジネス関係者や留学生、技能実習生に対する入国制限を8日に緩和したことに対応した措置。
 松野長官はまた、「国内外の感染状況やワクチン接種状況を踏まえつつ、制限のさらなる緩和に向けてどのような方策が取れるか前向きに検討を続けていく」と語った。 (C)時事通信社