自民党神奈川県連は18日、臨時の総務会を開き、緊急事態宣言発令中に東京・銀座のクラブに出入りしたとして2月に離党した松本純・元国家公安委員長の復党を決めた党本部に対し、抗議する方針を決定した。近く茂木敏充幹事長に抗議文を提出する。
 松本氏は衆院選神奈川1区に無所属で出馬したが落選。県連の土井隆典幹事長は記者団に、「世間一般のみそぎは当選という結果であり、来夏の参院選にも大きなマイナスだ」と語った。 (C)時事通信社