警察庁は19日、申請に基づき運転免許証の更新期限を3カ月延長する措置を12月28日で終了すると発表した。新型コロナウイルス感染症対策として実施していたが、新規感染者数が減少して制限が緩和されている現状や、延長措置の利用者が少なくなったことなどを踏まえた。
 同庁は昨年3月、人混みでの感染を心配して運転免許センターや警察署での免許更新手続きができない人に配慮し、書類を出せば更新期限を延長することを認める通達を全国の警察に出した。
 期限の延長は、同4月に約72万人、同5月に約100万人が申請したが、今年3月からは3万人前後にまで減少した。12月29日以降は延長の申請ができなくなる。 (C)時事通信社