厚生労働省は19日、保育士による児童へのわいせつ行為を防止するため、禁錮以上の刑などを受けて登録を取り消された保育士について、再登録禁止期間を現行の2年から最長10年に延ばす方針を固めた。子どもへの性暴力を排除する狙いで、近く開かれる有識者検討会で議論する。まとまれば、来年の通常国会への提出を目指す児童福祉法改正案に関連する規定を盛り込む。
 保育士になるには、資格の取得に加えて、都道府県による登録が必要。禁錮以上の刑か、児童福祉法の規定に基づき罰金に処せられた場合、執行後の2年間は再登録ができない。 (C)時事通信社