【ニューヨーク時事】米ファイザーと米モデルナは19日、両社がそれぞれ開発した新型コロナウイルスワクチンについて、米食品医薬品局(FDA)が全ての18歳以上への追加接種を許可したと発表した。これにより、18歳以上であれば誰でも米国で使われている3種類全てのコロナワクチンの追加接種が受けられるようになる。
 ファイザー、モデルナ製のワクチンの追加接種対象は従来、65歳以上および、感染・重症化リスクが高い人に限られていた。FDAは、より幅広い追加接種についてはデータが不十分だとして認めていなかった。 (C)時事通信社