【ニューヨーク時事】米疾病対策センター(CDC)は19日、米ファイザー、米モデルナ両社製の新型コロナウイルスワクチンについて、18歳以上の全ての人を対象に、追加接種を推奨すると発表した。冬場の感染再拡大が懸念される中、18歳以上は米国で使われているワクチン全3種類の追加接種を受けられることになった。
 ファイザーとモデルナのワクチンの追加接種はこれまで、65歳以上と、18~64歳のうち感染・重症化リスクが高い人に限られていた。接種が1回で済む米ジョンソン・エンド・ジョンソン製は、すでに全ての18歳以上への追加接種が認められている。
 CDCのワレンスキー所長は「感染や重症化を防ぐ効果を安全に高めることができる」と追加接種の意義を強調した。食品医薬品局(FDA)も19日、ファイザー、モデルナ両社製ワクチンの追加接種対象を広げることを認めた。 (C)時事通信社