【ワシントン時事】今年の米国での新型コロナウイルスによる死者数が、昨年の約38万5300人を超えた。米主要メディアがジョンズ・ホプキンス大の集計などに基づいて伝えた。これについてバイデン大統領の首席医療顧問を務めるファウチ国立アレルギー感染症研究所長は21日、感染力の強いデルタ株の流行が主因とし、ワクチン接種率の伸び悩みに懸念を示した。
 ファウチ氏はABCテレビの番組で「デルタ株に感染した入院患者が増えれば、死者も増える」と説明。「ワクチン未接種者が主な感染源となっている」と分析した。 (C)時事通信社