【パリ時事】フランス首相府は22日、カステックス首相が同日、新型コロナウイルスの感染検査で陽性となり、自主隔離に入ったと明らかにした。カステックス氏と午前にブリュッセルで会談したベルギーのデクロー首相も自主隔離する。AFP通信が報じた。
 AFPによると、カステックス氏は11歳の娘が陽性反応を示したため検査を実施。ワクチンの2回目接種を完了していたが、陽性反応が出たのは今回が初めてだ。
 フランスではマスクをせずに「2メートル以内の距離で対面した場合」などが濃厚接触者の条件となっている。カステックス氏は過去1週間に自動車大手ルノーのスナール会長らとも会談しており、影響拡大は必至だ。 (C)時事通信社