岸田文雄首相は24日、ベトナムのファム・ミン・チン首相と首相官邸で会談し、覇権主義的な動きを強める中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」実現に向けた協力を確認した。岸田氏は新型コロナウイルスワクチン154万回分をベトナムに追加供与すると表明した。
 外国首脳の来日は10月の岸田政権発足後初めて。岸田氏は今月初旬にも英グラスゴーでチン氏と意見を交わしており、会談を重ねることで東南アジア諸国連合(ASEAN)との関係強化を進めたい考え。岸田氏は会談で「ベトナムは自由で開かれたインド太平洋を実現する上で要となる重要なパートナーだ」と強調した。 (C)時事通信社