脳内の神経細胞同士のつなぎ目「シナプス」では、グルタミン酸などの化学物質による情報伝達(化学伝達)と電流による伝達(電気伝達)が知られていたが、東京大の河西春郎教授らの研究チームは、力学的な「押す力」も伝達に使われていることを発見した。短期的な記憶の保持などに関連している可能性があるという。論文は24日付で英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
 シナプスは、神経細胞の樹状突起と呼ばれる部位に生えているとげ(スパイン)が、別の神経細胞の末端(軸索終末)と接合して形成される。スパインは、反復的に刺激を受けると大きく膨らみ、隣接する軸索終末が押されることが知られていた。 (C)時事通信社